糖尿病・代謝内科|中村橋駅前内科クリニック in 練馬区|練馬区で内科に通院するなら|日曜祝日も診療

糖尿病・代謝内科

Diabetes・Metabolism

糖尿病

Diabetes

糖尿病

誰でも、食事のあとは消化管から糖分が吸収されるため、血糖値は高くなりますが、膵臓から分泌されるインスリンが血液中の余分なブドウ糖を細胞内に送り込むことで、血糖値は安定化します。

糖尿病は、インスリンの分泌量が低下したり、効果が弱まることで、血糖値が高くなる病気です。血糖値が高くなると尿からもブドウ糖(尿糖)が検出されるようになります。

血糖値が異常に高くなると、口渇感や頻尿といった症状が現れますが、糖尿病は基本的に無症状です。恐ろしいのは合併症で、目(網膜症)と腎臓(腎症)と神経(神経障害)に多く発症し、脳梗塞や心筋梗塞、肺炎などの感染症といった生命に関わる疾患のリスクにもなります。

自覚症状がないために、通院を自己中断してしまうことが最も危険です。通院を中断したまま、数年後に受診したときには、失明の危険に晒されたり、透析が必要なほど腎機能が悪化していることもあるため、血糖値が改善しても定期的な通院が必要となります。

1型糖尿病

1型糖尿病は、インスリンを分泌する膵臓の細胞が破壊され、体内のインスリンが枯渇してしまう病気です。インスリンが枯渇するため、インスリン注射薬を自分で打つ必要があります。

膵臓の細胞が壊される機序は、いまだ明確ではありませんが、免疫異常が原因であることはわかっています。血液検査で抗GAD抗体が陽性となることで診断されます。

以前は、突然発症して血糖値も急激に悪化すると考えられていましたが、インスリン分泌能が緩やかに低下するタイプもあり(緩徐進行1型糖尿病)、その場合、初期の臨床経過は後述する2型糖尿病と変わりないため、糖尿病と診断された時点で抗体検査することが重要です。

2型糖尿病

2型糖尿病の主な原因は、肥満などが原因でインスリンの効果が弱まること(インスリン抵抗性)と、インスリンの分泌能が低下することです。ただし、1型糖尿病のようにインスリンが枯渇してしまうことは稀です。

インスリン抵抗性の場合、肥満を是正することでインスリンの効力が改善するため、食事療法や運動療法は絶大な効果があります。一方、分泌能が低下するタイプは、1型糖尿病に類似した病態となるため、食事指導のみで改善させることは難しくなります。

2型糖尿病には、インスリン注射薬以外に、血糖値を下げる飲み薬が複数種あるため、血液検査の結果や生活習慣を考慮して、どの薬が適切かを判断し処方しています。

甲状腺疾患

Thyroid disease

甲状腺機能亢進症

甲状腺ホルモンは、身体全体の代謝を亢進するホルモンです。

甲状腺ホルモンが多量分泌される甲状腺機能亢進症では、頻脈、多汗、食思亢進、体重減少など代謝の亢進に伴う症状が現れるほか、高血圧を発症することもあります。代表的疾患には、Basedow病と亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎があります。

Basedow病は自己抗体(TRAb)が甲状腺を刺激して、多量の甲状腺ホルモンを分泌させる病気です。甲状腺機能亢進症の原因の90%ほどを占めると言われています。甲状腺ホルモンの合成を抑えるお薬で治療しますが、難治性の場合は放射線治療や手術が選択される場合もあります。

亜急性甲状腺炎はなんらかのウイルスが甲状腺を刺激することで発症する病気と考えられていますが、数ヶ月で自然に治ります。無痛性甲状腺炎は、分娩後の女性に多く発症する病気で、こちらも自然に甲状腺ホルモンの数値は下がりますが、下がり過ぎることで甲状腺機能低下症を合併することもあり注意が必要です。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌が抑制される病態で、徐脈、食思減退、体重増加、むくみ、無気力など、代謝の減退に伴う症状が現れます。無痛性甲状腺炎の経過で生じることもありますが、大半は橋本病が原因です。

橋本病は、甲状腺を攻撃する自己抗体が産生されてしまう病気です。攻撃された結果、甲状腺は慢性的に炎症を起こし、甲状腺ホルモンの分泌が低下します。

橋本病を完治させるお薬はありませんが、足りなくなった甲状腺ホルモンをお薬で補充することができます。治療せずに放置すると、コレステロールも代謝されず、脂質異常症を合併するため、将来的に動脈硬化を起こす危険性が高まります。

脂質異常症

Dyslipidemia

脂質異常症

脂質異常症は、血液の中のコレステロールや中性脂肪の数値に異常をきたす病気です。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が多い、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が少ない、中性脂肪が多いことが問題とされています。糖尿病と同様に自覚症状はありませんが、治療せずに放置すると血管の内側に脂が付着しプラークを形成して動脈が硬化し、様々な合併症を引き起こします。特に心筋梗塞と脳梗塞は重大な合併症です。一度できたプラークは簡単には消えず、蓄積されるため、早期の治療が重要となります。

食事療法と運動療法はいずれの病態にも非常に効果的です。それでも不十分な場合はお薬で治療しますが、若い女性の方は、今後の妊娠の可能性を考慮すると慎重にお薬を選択しなければなりません。

コレステロールが高い原因には、肥満などの生活習慣、甲状腺機能低下症のほか、遺伝性の場合があります。また、閉経後はコレステロールが高くなる傾向がありますので注意が必要です。

当院では、脂質異常症を専門にする「動脈硬化専門医」が治療にあたります。

LDLコレステロールの場合、ほかに疾患がなくても>160mg/dLで治療対象となります。高血圧や喫煙者は<140mg/dL、糖尿病や腎臓疾患がある場合は<120mg/dL、狭心症や心筋梗塞の既往がある場合は<100mg/dLが目標値になります。

家族性高コレステロール血症

家族性高コレステロール血症は、遺伝的にコレステロールが高い病気です。

一般的にLDLコレステロールが非常に高く(>180mg/dLで疑い)、食事療法や運動療法も効果が乏しいため、早めにお薬で治療すべきとされています。治療を急ぐ理由は、LDLコレステロールが長期間にわたって高値となるため、遺伝性でないものと比較すると動脈硬化のリスクが高く、心筋梗塞を発症しやすいからです。

治療薬は、ほかの脂質異常症と同様ですが、それでも効果がない場合は機械的にコレステロールを除去する治療法もあります。

動脈硬化

動脈硬化は、血管の内側に脂が付着して血管が硬く、狭くなった状態です。脂質異常症のほかにも、高血圧、糖尿病、喫煙などが原因で動脈硬化が進行します。心臓の血管が狭くなると心筋梗塞、脳の血管や頸動脈が狭くなると脳梗塞、足の血管が狭くなると閉塞性動脈硬化症(足が痛くて歩けなくなる)の危険性が高まります。

当院では、合併症の危険性を的確に把握するため、頸動脈超音波と動脈硬化測定器(血管年齢が算出されます)を使用し、日常生活での注意点をお伝えしています。

高尿酸血症

Hyperuricemia

高尿酸血症

高尿酸血症は、血液の中の尿酸値が高くなる病気です。

尿酸値が高くなる主な原因は、プリン体の過剰摂取です。プリン体は動物の内臓に多く含まれるため、レバーや魚の干物などには注意が必要です。また、ビールもプリン体を多く含む食品ですが、アルコールそのものに尿酸値を上昇させる効果があるため、尿酸値が高い人には摂取を控えるよう指導しています。

尿酸値が高くなることで、過剰となった尿酸がナトリウムと結晶を形成し、関節や皮下組織、腎臓に沈着します。関節に蓄積した結晶は後述する痛風発作の原因となります。皮下組織に蓄積した場合は痛風結節、腎臓に蓄積した場合は尿管結石の原因となります。

高尿酸血症の治療は、プリン体を多く含む食品を摂取しないことです。緑黄色野菜や海藻はプリン体が少ない食品の代表です。また、これらの食品は尿をアルカリにする効果もあるため、尿管結石の予防にも役立ちます。食事療法で効果がない場合は、尿酸の合成を阻害するお薬で治療します。

痛風発作

痛風発作は、関節に蓄積した尿酸結晶を基盤に発症する関節炎です。

炎症を起こすきっかけは、ストレスや尿酸値の急激な変動と言われています。高尿酸血症を放置している期間が長いほど結晶も大きくなるため、痛みが強く、発作も頻回で、治療期間も長くなる傾向があります。

主に足の親指が痛みを伴って腫れますが、他の関節に生じることもあります。

治療は痛み止めです。尿酸値が高いことを理由に、すぐに高尿酸血症のお薬を使うと、尿酸値が急激に変動するため、痛風発作を悪化させることがあります。治療中の方はお薬を継続して構いませんが、治療を中断されていた方は痛みが落ち着くまで、高尿酸血症の治療を再開しないよう指導しています。

骨粗鬆症

Osteoporosis

練馬区特定健診開始