中村橋駅前内科クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.03-5848-7830

糖尿病

Medical

1型糖尿病

糖尿病は、血液中の糖分(血糖)が増加する病気です。

血糖値が高くなると尿からも糖分(尿糖)が検出されるようになります。

健康な状態でも、食事の後は消化管から糖分が吸収されるため、血糖値は上昇しますが、しばらく食事をとらずにいると膵臓から分泌されるインスリンの働きで血糖値は正常に戻ります。インスリンは、血液中の余分な糖分をエネルギー源として細胞内に送り込むという重要な役割があります。

糖尿病はインスリンの働きが不十分な病態で、細胞内に送り込まれるべき糖分が血液中に留まり続け、血糖値は空腹時も高くなります。

1型糖尿病は、インスリンを産生する膵臓の細胞がなにかしらの原因で破壊され、インスリンが枯渇してしまう病気です。自分の膵臓からはインスリンが産生できないめ、注射薬として身体の外からインスリンを打つ必要があります。

 

2型糖尿病

2型糖尿病の主な原因は3つありますが、どの原因についても個人差があるため、必ずしも過去の生活習慣が原因の全てではありません。

① 肥満などが原因でインスリンが効かなくなる(インスリン抵抗性)

② 生涯のインスリン産生量を超えるほど、食事を過剰に摂取してきた(インスリン不足)

③ ①と②の両方

①の場合、肥満を是正することで自分のインスリンの効力を元に戻すことが期待できるため、まずは運動療法と食事療法から開始します。それでも改善しない場合は、インスリンの効力を高めるお薬や食後の血糖吸収を抑えるお薬、インスリンの分泌を促すお薬を使用していきます。②で起こる病態は1型糖尿病と同様のため、インスリンの注射が必要となります。③の場合は、インスリンの注射をベースに、①の治療を組み合わせていくことになります。

糖尿病は、著しい高血糖とならない限り、それ自体は大きな問題はありません。問題となるのは合併症です。糖尿病の合併症は、目(網膜症)と腎臓(腎症)と神経(神経障害)に多く発症します。

健康診断を受けずに気づかない、もしくは自覚症状がないために治療を自己中断してしまうことが最も危険です。次に病院に行く頃には、失明の危険に晒されたり、透析治療が必要なほど腎機能が悪化していることが多々あります。

治療が適切でないと、合併症が急速に進行する場合があります。治療が適切であっても合併症の管理を怠ると知らないうちに悪化している可能性があります。定期的な眼科受診と尿検査は糖尿病の管理に必須ですので、必ず検査を受けてください。