中村橋駅前内科クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.03-5848-7830

脂質異常症

Medical

脂質異常症

脂質異常症は、血液の中のコレステロールや中性脂肪が多い、もしくは少ない病気です。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が多い、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が少ない、中性脂肪が多いことが問題とされています。糖尿病と同様に自覚症状はありませんが、治療せずに放置すると血管の内側に脂が付着しプラークを形成して動脈が硬化し、様々な合併症を引き起こします。特に心筋梗塞と脳梗塞は重大な合併症です。一度できたプラークは簡単には消えず、蓄積されるため、早期の治療が重要となります。

食事療法と運動療法はいずれの病態にも非常に効果的です。それでも不十分な場合はお薬で治療しますが、若い女性の方は、今後の妊娠についても考慮しなければなりません。

コレステロールが高い原因には、肥満などの生活習慣、甲状腺機能低下症のほか、遺伝性の場合があります。また、閉経後はコレステロールが高くなる傾向がありますので注意が必要です。

当院では、家族性高コレステロール血症を含めて、専門医が治療にあたります。

家族性高コレステロール血症

家族性高コレステロール血症は、遺伝的にコレステロールが高い病気です。

一般的にLDLコレステロールが非常に高く、食事療法や運動療法も効果が乏しいため、早めにお薬で治療すべきです。治療を急ぐ理由は、LDLコレステロールが長期間にわたって高値となるため、遺伝性でないものと比較すると圧倒的に動脈硬化のリスクが高く、心筋梗塞を発症しやすいからです。

治療薬は、ほかの脂質異常症と同様ですが、それでも効果がない場合は透析機器を用いてコレステロールを除去する治療法もあります。

動脈硬化

動脈硬化は、血管の内側に脂が付着して血管が硬く、狭くなった状態です。

脂質異常症のほかにも、高血圧、糖尿病、喫煙などが原因で動脈硬化が進行します。

心臓の血管が狭くなると心筋梗塞、脳の血管や頸動脈が狭くなると脳梗塞、足の血管が狭くなると閉塞性動脈硬化症(足が痛くて歩けなくなる)の危険性が高まります。

当院では、合併症の危険性を的確に把握するため、頸動脈超音波と動脈硬化測定器(血管年齢も算出されます)を使用し、日常生活での注意点を詳細にお伝えしています。