中村橋駅前内科クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.03-5848-7830

高尿酸血症

Medical

高尿酸血症

高尿酸血症は、血液の中の尿酸値が高くなる病気です。

尿酸値が高くなる主な原因は、プリン体の過剰摂取です。プリン体は動物の内臓に多く含まれるため、レバーや魚の干物などには注意が必要です。また、ビールもプリン体を多く含む食品ですが、アルコールそのものに尿酸値を上昇させる効果があるため、尿酸値が高い人には摂取を控えるよう指導しています。

尿酸値が高くなることで、過剰となった尿酸がナトリウムと結晶を形成し、関節や皮下組織、腎臓に沈着します。関節に蓄積した結晶は後述する痛風発作の原因となります。皮下組織に蓄積した場合は痛風結節、腎臓に蓄積した場合は尿管結石の原因となります。

高尿酸血症の治療は、プリン体を多く含む食品を摂取しないことです。緑黄色野菜や海藻はプリン体が少ない食品の代表です。また、これらの食品は尿をアルカリにする効果もあるため、尿管結石の予防にも役立ちます。食事療法で効果がない場合は、尿酸の合成を阻害するお薬で治療します。

 

痛風発作

痛風発作は、関節に蓄積した尿酸結晶を基盤に発症する関節炎です。

炎症を起こすきっかけは、ストレスや尿酸値の急激な変動と言われています。高尿酸血症を放置している期間が長いほど結晶も大きくなるため、痛みが強く、発作も頻回で、治療期間も長くなる傾向があります。

主に足の親指が痛みを伴って腫れますが、他の関節に生じることもあります。

治療は痛み止めです。尿酸値が高いことを理由に、すぐに高尿酸血症のお薬を使うと、尿酸値が急激に変動するため、痛風発作を悪化させることがあります。治療中の方はお薬を継続して構いませんが、治療を中断されていた方は痛みが落ち着くまで、高尿酸血症の治療を再開しないよう指導しています。