中村橋駅前内科クリニック in 練馬区

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.03-5848-7830

急性腎障害

Medical

急性腎障害

急性腎障害は、なんらかの原因で腎機能が急激に低下することをいいます。

厳密には、数時間から数日で腎機能が低下する場合を指しますが、その多くは入院中に発症するため、ここでは、期間によらず一過性に腎機能が低下する病態について説明します。

腎機能は、血液中のクレアチンならびに、クレアチニンから算出されるeGFRという数値で表されます。透析が必要になるほど急激に腎機能が悪化した場合は、老廃物や水分を排泄できないため、疲労感やむくみといった症状が出ますが、軽度や中等度の腎障害では症状がなく、ほかの理由で血液検査をした際に偶発的に見つかることも多々あります。

腎機能が低下する原因は、腎臓の傷害、腎臓への血流不足、尿路の閉塞のいずれかです。腎臓の傷害は、腎炎(急速進行性糸球体腎炎)や腎臓に毒性のある薬の使用で、腎臓への血流不足は、脱水や出血、腎動脈を収縮させる薬の使用で、尿路の閉塞は、前立腺肥大に伴う尿閉、尿管結石、がんの尿管浸潤などで起こります。

腎炎を除き、腎障害に対する特効薬はないため、原因を早期に発見して取り除くことが重要です。治療が遅れると、腎機能はそのまま回復しなくなります。

 

薬剤性腎障害

薬剤性腎障害は、薬が原因で生じる腎障害です。

解熱鎮痛剤やCT検査で使用される造影剤は腎臓に毒性のある薬の代表例で、腎臓が悪い方には使用できません。腎動脈を収縮させるACE阻害薬やARB、脱水を助長する利尿薬も、誤った使い方をすると腎機能を悪化させます。

間接的に腎機能を悪化させる薬には、骨粗鬆症の治療薬である活性型ビタミンDが挙げられます。活性型ビタミンDはカルシウムを増やして骨を強くする効果がありますが、過量投与が原因で高カルシウム血症を来すと、腎臓が傷害され、腎機能も急激に悪化します。