中村橋駅前内科クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.03-5848-7830

花粉症

Medical

花粉症

花粉症は、眼球や鼻腔、咽頭などの粘膜に花粉が付着することで生じるアレルギー疾患です。

アレルギーの症状として、くしゃみ、鼻水、流涙、咽頭痛などの症状が出現します。

東京ではスギとヒノキの花粉に悩まされる人が多いですが、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなども原因となります。

例年、スギ花粉は2月中旬、ヒノキ花粉は3月中旬から飛散が始まります。一方、カモガヤなどのイネ科は5月から、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラは8月末から飛散が始まるため、症状の出現時期によりアレルギー原因物質(アレルゲン)となる花粉を推察できます。

治療は、抗アレルギー薬の内服、点眼、点鼻のほか、アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)があります。アレルゲン免疫療法とは、少量のアレルゲンを継続的に体内に取り入れることで身体を慣らし、アレルギー反応を減弱させる治療法です。気管支喘息をお持ちの方は、安全性が確立していないため治療を受けることはできませんが、それ以外の花粉症の方はどなたでも治療できます。

当院ではスギ花粉症に対してのみ、舌下免疫療法を行っております。少量のアレルゲンで慣らす必要があるため、花粉症の飛散時期(アレルゲンが大量にある時期)には治療を開始できません。6月~12月の期間でのみ新規の治療を受けて入れていますので、ご興味のある方はご相談ください。